オススメ記事



2009年03月03日

今すぐ使える実践テクニック!特定のパターンが出たらエントリーするだけ!

以前の記事では、P波動の収斂の中心点が上寄りなら、その後は上離れし、
収斂の中心点が下よりなら、その後は下離れするといいましたが、
なかなかわかりにくい表現だったかもしれないので、今回は、
チャートを使って説明したいと思います。

20090303chart1.bmp

これは、上寄りに収斂したものです。その見分け方なのですが、
波動の基点の長さを等分するように横に線分を引きます。
そのとき、収斂の中心点が引いた線分よりも上にあれば上離れし、
下にあれば下離れします。
今回は、中心より上にあったので上離れしていきました。

にほんブログ村 為替ブログへ←気に入っていただけましたら応援ポチお願いします><

banner2.gif←よろしければこちらも応援お願いします^^

posted by ai at 12:23| Comment(22) | TrackBack(0) | FX初心者の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

FXにおいて最も大切なこと。それは○○○○です。わかりますか???

FXにおいて最も大切なものは、手法でも、市場分析でもなく、

メンタルであるという考えの下、この本は書かれているらしいです。

題名の○○○○はメンタルでした(ノ∀`)

そのメンタルについて、と〜〜〜っても詳しく書かれているのがこの書籍。

ゾーン 「勝つ」相場心理学入門
著:マーク・ダグラス

zo-n.bmp

最近、一目均衡表にはまっているのでそれに関連する書籍を探しているうちに出会いました。

この本の存在は前から知っていたのですが、毒々しい黄色の表紙だったのでスルーしてきました。

ただ、色々なサイトでの評価や、アマゾンでの評価を見るうちに、

ついつい一発購入ボタンをクリックしてしまいました。

以下、興味をそそられたレビューを引用してみます。

見事なまでにロジカルに、自分の心が分解・再構築されていく。●個人的には「生まれて初めて犬と遭遇し、(不幸にも)襲われ負傷した少年」の心の傷が、それ以降の(全く関係のない別の好意的な)犬との接触に及ぼす深刻な影響(無意識の反応)の話が大変興味深く味わえた。(犬はマーケット、少年はトレーダー、負傷は損、を意味する。もちろん、その少年の恐怖を克服する方法も書いてある。自分で「快/不快の連想プロセス」を認識・制御すればよい。)ほかにも、「自分の認識を超えた情報」を認識するヒントなど、新鮮で実用的なノウハウが詰まっていた

私はこのレビューを見て購入を即決しました。

レビューの力は恐ろしいですね。


ってこれだけでは漠然としすぎてますね。

メンタルがどう重要なのかがわからない。

読み終わったら自分のレビューも書きたいと思います!

楽しみにしててくださいね〜(* ̄▽ ̄)ノ~~

にほんブログ村 為替ブログへ←気に入っていただけましたら応援ポチお願いします><

banner2.gif←よろしければこちらも応援お願いします^^

posted by ai at 16:12| Comment(14) | TrackBack(0) | FX初心者の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

ドル円のトレンド変更点!?

20090227chart1.bmp

これは変化の兆しなんでしょうか。

ドル円が上昇し始めてから、今までは一度も雲にタッチすることはありませんでした。

しかし、98円台に上ったところで一時値を下げ雲にタッチしました。

また、基準線、転換線を下抜けしたことにより、

今度は基準線、転換線が抵抗線となるため簡単には上にはいけないようにも思います。

遅行スパンも4本値とクロスしそうですし・・・・。

押し目と考えるか、下降トレンドの始まりと考えるか・・・。

ここをどう切り抜けるかで今後の値動きに大きく左右しそうな予感がします。

にほんブログ村 為替ブログへ←気に入っていただけましたら応援ポチお願いします><

banner2.gif←よろしければこちらも応援お願いします^^

posted by ai at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | FX初心者の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

直感的に相場を理解する方法

一目平均表を見ようとしてチャートを立ち上げたのですが、すごいことになってますね。

97円を超えちゃってます。

20090225chart1.bmp

しかも、去年の9月以降完全に雲の下にいたのに、ここ数日で上に跳びぬけましたね。

値ごろ感的にはとても売りたいのですが、一目平均表を勉強した限りでは、

ここからさらに上がるのではと考えてしまいます。



一目平均表を調べていたのですが、昨日私の気づいたことは当然のことだったみたいです><

転換線、基準線はそれ自体が強力な支持線、抵抗線になるらしいです。

もしかしたら、そういうのをどこかで見て、頭の隅で覚えていたのかもしれないです。


今日は、一目平均表について調べた、基本的なことを書いておこうと思います!

20090225chart2.bmp

一目平均表で用いる指標についていくつか説明しておきます!

転換線過去9日間の高値と安値の半値を日々つなげた線
基準線過去26日間の高値と安値の半値を日々つなげた線
先行スパン上限基準線と転換線の半値を26日先行させた線
先行スパン下限過去52日間の高値と安値の半値を26日先行させて記した線
先行スパンの上下限によって囲まれる範囲
遅行スパン日々の終値を26日前に記して記入した線


一目平均表には3つの見るべきポイントがあります。

1.基準線と転換線の関係。

転換線が基準線を上抜くと好転サイン、下抜くと逆転サインといわれます。
ただし、基準線を上抜いたときに、基準線も上向きであることが条件です。
基準線が下向きのときにクロスしたのでは相場の反転とはならず、だましに終わることも多いです。
逆もしかりです。

2.雲の位置関係

一般的に、雲の上に4本値があれば強気の相場、雲の下に4本値があれば弱きの相場といえます。
また、雲の中に4本値があるときは、相場がの方向性が定まらず、不安定な相場といえます。

3.遅行スパンと4本値の関係

遅行スパンは「売り」か「買い」かのタイミングを計る場合に見ます。
遅行線が株価を抜いた場合を「好転」(買い)逆に下回った場合を「逆転」(売り)とします。

実はこのほかにもまだまだ見るべきポイントはあります。

(1)転換線が基準線を上抜けば「上げ」、下抜けば「下げ」
(2)実線が先行スパンよりも上にあれば「上げ」、下にあれば「下げ」
(3)遅行スパンが実線よりも上にあれば「上げ」、下にあれば「下げ」
(4)基準線の向きが上であれば「上げ」、下であれば「下げ」
(5)各線の交わりは変化日を示唆
 ・
 ・

ただし、一目平均表の使い方の難しいところは、安易に、「好転サイン=買いサイン」

というようにしてはいけないというところです。

ということらしいのですが、「好転サイン=買いサイン」というようにしてはいけない、
ということの理由がいまいち噛み砕いて説明できません。
頭では理解しているつもりなんですが、なかなかいい表現ができません><
明日までにさらに調べてみて、いい感じに答えられそうな記事があれば紹介します!

にほんブログ村 為替ブログへ←気に入っていただけましたら応援ポチお願いします><

banner2.gif←よろしければこちらも応援お願いします^^

posted by ai at 13:59| Comment(20) | TrackBack(0) | FX初心者の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

モチベーション維持の方法

みなさん昨日は暖かいお言葉ありがとうございました。

ぐっすり寝たおかげか、かなり体調はよくなってきました。

多少鼻が詰まっているくらいなんで、生活に支障はありません^^

いつもなら1週間はだらだらと症状が続くのですが、運がいいことに今回はそうでもなさそうです。

また、今週は月曜と火曜にしか選考がなかったので、そういう意味でもラッキーです(*´∀`)

来週は、火曜〜土曜まで5連荘で選考が入っているので、

月曜日までには完全に治します!



それでは本題に入りたいと思います。

みなさん、FXやブログをしていて突然全くやる気が起きなくなることとかありませんか?

私は、月に2回ほどあります。

やる気のあるときには、やらなくてもいいことまでしようとするのに、

時には、やらなきゃいけないことまでやりたくなくなる。

特に今回はヤバイです><

検証のためと思って、デモで取引しているのですが、とたんにやる気がなくなってしまったんです。

やる時間もなかったといえばそうなのですが、それでも、モチべーションとしては、

かなり低かったようにしています。

こういうとき、みなさんならどうしますか?

私の場合は、「なぜ今これをしているのか?」ということをカミに書き出します。

そうするといくつか理由が出てくると思うのですが、

その中で、最も重視する項目を別の紙に書きます。

大きく、太く書きます。

それを、10回連呼します。

はじめは小さな声で。だんだん大きく・・・最後は全力で!!

ってのは難しいと思うので、まぁ許せる範囲内の大きな声で叫んでください。

私の場合は、だんだんモチベーションが上がってくるような気がします。

これを思いついたきっかけは「ザ・シークレット」という書籍に書いてあったことで、

この本の内容は、「念ずれば花開く」という感じです。

あなたが強く願ったものはどんなものでも手に入ります。

あなたはそれがどのようにして手に入るのかということを考える必要はありません。

ときにそれは、思いもよらぬ形で実現するでしょう。

宇宙はあなたの意思をキャッチしそれをただ反映してくれるだけです。

もし、あなたがネガティブなことを考えれば、宇宙は忠実にそれを反映します。

だから、常にあなたが望んでいることだけを意識してください。


一部を思い出しで書くとこんな感じです。

(どのページに書いてあったのか忘れたので、記憶のままに書きました)

これをみて私は、望むものが全て手に入るのなら、

自分の気持ちもコントロールできるんじゃないかと思いました。

さらに、声を出すといいと書いてあったので、声を出すようにしてみました。

きっかけは胡散臭い本(いいすぎ><)ですが、

実際に効果があると思うので、モチベーションの下がったときは、

是非、試してみてください(*´∀`)



おまけに、私が究極に落ち込んだときに聴く音楽を一つ・・・・。

どんな音楽かといいますと・・・・・



おそらく十年くらい前のゲームですね。

兄が買ってやっていたのを横でみていただけなのですが、

オープニングのこの曲は大のお気に入りで、この曲を毎日聴いていた時期もありました。

ちなみにオーケストラver.です↓



これを聞くと、毎回鳥肌が立っちゃいます><

おまけです^^



めっちゃテンションが下がってどうしようもないときなんかに聞くと、

さらに落ち込んじゃうと思います(笑)

にほんブログ村 為替ブログへ←気に入っていただけましたら応援ポチお願いします><

banner2.gif←よろしければこちらも応援お願いします^^


posted by ai at 14:26| Comment(21) | TrackBack(0) | FX初心者の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

恐怖感について

みなさんこんばんわ。

今日は私が取引するときに感じる恐怖感について書きたいと思います。

今まで私は、ポジションを取っているときの恐怖感というか、

一種のトランス状態ではないですが、胸の高鳴る現象の原因を突き詰めようと思い、

その時のチャートの動きをシュミレーションしてみました。

通常、チャートというのは一方向にだけ動くということは稀で、

ほとんどの場合、上下を繰り返して動きます。

こんな感じです。

20090213chart,nightver2.bmp

いっていることは至極単純明快、小学生でも理解できるようなことです。

ですが、実際には理解できていない。

頭では理解できていても、心は理解できていない。

下のチャートを見てください。これを見ながら説明したいと思います。

恐怖感.bmp

仮に運よく?MA20と4本値がクロスするところくらいでショートポジを持ったとします。

その後はグングン下がっていき、いい感じに利も乗って来ています。

このまま下がれー!!と思うのですが、期待とは裏腹に上昇。

@(見にくいですが><)の部分に来たときには、MA20を再びクロスしていますし、

このまま上がってしまうんじゃないかという不安に駆られます。

ただ、待っていれば、再び下降しはじめ、30pipsは取れていたと思います。

不安に駆られて利確してしまったら勝っても5pips。

頭では、4本値が動くのは多少の戻りを含みながらで、一方向にだけ動くことはないとわかっていても、

それに従うことができずに手仕舞いしてしまうこともしばしば。

こういうのを、難しい用語を使うと「プロスペクト理論」といいます。

人は、利益を追求するよりも、損失を避ける(実損として出すことを避ける)ことを優先する、

というように説明されていると思いますが、要するに同じことですね。

先ほど述べたことはあくまで理想論であり、

実際には5pipsでも利確しておいたほうが損失回避ができるというときもあるかもしれません。

ただ、私が言いたかったのはこういった値の戻りに対する恐怖心を克服できなければ、

相場で勝ち続けることはできないということです。

まぁ、こういったことを偉そうに言っている私も克服できていないのですが><

ただ、自分ができていないからといって、人に言う資格がないとも思えない、

人のためになることなら自分がどういった立場にあろうと言うべき
と思うので、

今回、このような記事を書いてみました。




私は、相場の世界に足を突っ込んでまだ1年足らず・・。

完全にFX初心者です><

新米トレーダーの戯言と思って聞き流してください(o._.)o

初心者だから、メンタルが弱い。恐怖感が抜けない。

だから、こんな私でも勝てるような裁量のあまりないシステムを作ってるんですよね。

格好よく言えば、「初心者のためのFX必勝法」って感じですかね〜。

そういえば、システムの検証トレード未だにできてないです(´vωv`*)。

最近順張り手法も作ろうとしていて、そちらは若干の裁量を含ませようと思っているのですが、

そちらにばかり手をかけて、RSI乖離のほうはほったらかし状態…(¨〇)サミシイ

朝の約定拒否で絶好のエントリーチャンスを逃して少々すねてたというのもありますが・・・。

まぁ、気長に続けていきます^^

にほんブログ村 為替ブログへ←気に入っていただけましたら応援ポチお願いします><

banner2.gif←よろしければこちらも応援お願いします^^

posted by ai at 00:07| Comment(19) | TrackBack(0) | FX初心者の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする