オススメ記事



2010年03月12日

■だいぱぱ手法とトラップトレードの比較‐だるま落としに焦点を当ててみる

今日はブログを開いてびっくりしました。

私のブログでは久々に見たアクセス量。

その原因はだいぱぱさんに紹介していただいたからのようです。

だいぱぱさんありがとうございます。

また、訪問してくれた方ありがとうございます。

感謝の気持ちを持って記事を書き始めようと思います。

(変な宗教に入ったとかそういうわけではありません(汗)

にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

 さて、前回は、想定レンジという概念があるのならば、そのレンジ内での動きすべてを考慮したトラップでないと非効率ではないか?ということを考えました。前記事を見ていただければわかると思いますが、トラップトレードとだいぱぱ手法を比較した場合、一気に動く値幅が大きければ大きいほどその差を埋めるのは難しくなるということで、現在の為替相場の動きからすると、優位性はだいぱぱ手法にあるという結論になりました。

今回は、だいぱぱ手法のテクニックである、

だるま落としに焦点を当ててみたいと思います。

【だるま落としとは?】

だるま落としとは、ポジションを複数抱えているときに、一つの利益が出ているポジションを決済し、新たに「現在の値と同じ」もしくは、「現在の値よりも低い値(ロングポジションの場合)」に新規注文を出すことをいいます。

詳しくはこちら↓↓
初心者が投資で1億円を稼ぎます―儲けを繰り返す勝ち組

このだるま落としは非常に強力なテクニックです。
通常、どんな相場にも一時的に停滞する時間帯というものが存在します。
たとえば、最近のドル円ですと、図にまるで囲ったようなときです。

20100311だるま落とし2.bmp

こういう時は、大体がロンドン、NY市場以外の時です。こういう時は、軽いレンジを形成します。こういう時のレンジ幅は大体が10pipsくらい。大きくても20pipsでしょう。なので、トラップトレードでレンジで儲けるということは不可能です。ただ、だるま落としなら、値動きが停滞した時に、10pips程度を狙い積み立てていくことにより、月が終わってみると結構たまっていることもあります。適当に見つけてきたチャートでも、停滞期は確認できます。(1月12日の60分足チャート)

20100311だるま落とし3.bmp

以前私が豪ドル円で間違っただいぱぱ手法(ロングナンピンを推奨されている中、私はショートナンピンをしていました。)をしていた時も、だるま落としで小さいながらもコツコツ積み立ててました。


今なぜだるま落としを紹介したのか?ということなのですが、トラップトレードでは、だるま落としができないからなんですね。トラップトレードは、あらかじめ決めた値幅でポジションを取っていき、機械的に運用を行うことに主眼が置かれているので、、、、、

って、書いていて自分で気づきました。トラップトレードでもだるま落としできますね。当初の私のだるま落としの定義が、「含み益ポジションを決済→新規注文は前の注文よりも低いところに注文する」ということだったので、トラップ間隔がずれてしまい。だんだんずれていくのではないか?という危惧の元にトラップトレードでは、だるま落としが使えないという結論にしようかと思ったのですが、新規注文を前回と同じにするのであれば、トラップトレードでも使えますね。

検証自体はだいぱぱ手法とトラップトレードでだるま落としに関する優位性は変わらないということになってしまいましたが、だるま落とし自体は非常に強力なテクニックなので、ぜひ覚えておいてほしいことです。

*だるま落としは私が考えたことではありません><だいぱぱさんがかんがえたことなので、誤解を招くような表現があれば修正します。

だるま落としの詳細はこちらで!!
初心者が投資で1億円を稼ぎます―儲けを繰り返す勝ち組


トラップトレードといっても、大きく分けると2つに分類されると思います。

1つは、トラップ間隔と利確間隔が同じパターン
もう一つは、トラップ間隔よりも利確間隔が大きいパターン

前者を@、後者をAとすると、それぞれに長所短所があります。
次回は、それらの話と、だいぱぱ手法との比較を交えて記事を書きたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

さらなるFX情報はこちらで!
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へsisa.gif




aiのオススメ口座! ヒロセ通商
FX取引ならヒロセ通商へ
aiのメイン口座です。
魅力は、なんといっても1,000通貨単位から取引できることですね。
また、独自のキャンペーンを行っていることも忘れてはなりません!
餃子やチャーハン、ワッフル、カレーなどの食べ物のほかに、
カレンダーや一ドル記念硬貨、運がよければ空気清浄機までもらえるかも。
posted by ai at 00:12| Comment(15) | TrackBack(0) | 取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツイッターで回答しました。まだあるみたいです。
Posted by masaru at 2010年03月12日 01:35
だるま落としは機能する時は
良いのですが・・・(^^;
Posted by カタラン at 2010年03月12日 07:04
今日の記事もわかりやすかったですw
Posted by WIN at 2010年03月12日 12:48
チャートを見つつリミットを設定していくと効率よくポジションを構築できそうですね☆☆
Posted by ボム☆ at 2010年03月12日 19:14
だるま落とし、表現がいいですね。
Posted by cora at 2010年03月12日 19:59
こんばんは。
よく研究されている手法ですよね!
Posted by sktm at 2010年03月12日 20:31
twitterはやらないのですか??
Posted by devilsmile at 2010年03月12日 22:36
だるまおとしに興味が出てだいぱぱさんのところへ行ってきました。
Posted by masa at 2010年03月12日 23:53
京都はいい季節かもしれませんね。
Posted by masaru at 2010年03月13日 00:41
昨日の重要指標に市場は素直に反応
しましたね(^^)

一時米ドル円は91円つけました!
(すぐに戻りましたが・・・)

今週はサプライズはありませんでしたが、
相場回復の期待感だけは高まった一週間でした(^^;
Posted by カタラン at 2010年03月13日 09:59
次の記事が待ち遠しいですw
Posted by WIN at 2010年03月13日 12:20
最近、分析が冴えてますね。
Posted by masaru at 2010年03月14日 00:41
米が経済回復が騒がれてますが、
来週もこのムードでいけるのか、
明日からが楽しみです!
Posted by カタラン at 2010年03月14日 07:56
明日から頑張りましょう!
Posted by WIN at 2010年03月14日 09:12
>masaruさん
買えなかったので、予約待ちしておきましたーー^^

>カタランさん
だるま落としはタイミングが難しいですね。これの勝率も考えていくとかなり複雑になってきますね。。考えるのは面白いですが。

>WINさん
ありがとうございます^^
素直にうれしいです!

>ボムさん
柔軟なナンピンが一番かもしれませんね。

>coraさん
私もこの表現は好きです。
だいぱぱさんナイスネーミングセンスだと思います。

>sktmさん
ですねー。
あらさがしをしようと思っても、なかなか出てきません(笑)

>devilsmileさん
やっていますよ^^
ai_fxです!
devilsmileさんのIDはdevilsmileですか??

>masaさん
是非参考にしてみてください!
だるま落としのチャンスはいっぱいあると思うので!
Posted by ai at 2010年03月14日 17:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック