オススメ記事



2010年01月26日

■最近1pips抜きトレーニングやってないな・・・。ドル円で久々にやってみようか考え中・・・

おはようございます^^

今日は朝3時に起きて大学にきて卒論しているのですが、

なかなか微妙なきぶんで・・・もういっか的な発想になってきたので、

気分転換にブログを更新してみようと思います。

にほんブログ村 為替ブログ ドル円へsisa.gif

えー。

最近思うのが、1pips抜きトレーニングしてないなーってことです。

以前はガンガンスキャルパーを目指して、

ドル円1pips抜きトレーニングしていたんですが、

最近はドル円でのトラップトレードを中心に・・・というか、

ドル円トラップトレードしかしていません


金融庁の方針で今年からレバレッジ規制が入り、

ハイレバスキャルパーは淘汰されていくかもしれません。

ただ、値動きに対する反射神経を鍛えるという意味では、

デイトレを行うなら1pipsトレーニングを行う意義はあると思います。

1pipsトレーニングを行う最大の目的は先ほども出ましたが、

値動きに対する反射神経です。

ただ、この場合の反射神経というのは、

「パッと値が動いたからボタンを押す」

という単純なものではありません。

このボタンを押すという行為には利確も含まれますがが、

損切も含まれます。

着目したいのは損切のほうです。

1pipsトレーニングのやり方もいろいろあるかと思いますが、

たとえば、利確1pips、損切3pipsとします。

この場合、3pipsマイナスになったら躊躇なくポジションを切れるか?

ということが重要になってきます。

初めは楽だと思います。

ただ、連続で負けてしまった場合など、

徐々に緊張感が高まってくると、人間すぐには決断できないものです。

そういった状況下で適切に即損切を行う。

この行為こそ1pipsトレーニングの目的です。

それは、スキャルピングだけではなく、

デイトレにも通じるものがあると思います。

損切目標に到達した、損切サインが出たというときに、

躊躇なく、迅速に損切をするためには、

やはりある程度のトレーニングは必要だと思います。

(OCO注文を入れてあるなどのケースは別で)


今後はスキャルピングをやるかどうかわかりませんが、

1pipsトレーニングは暇があったらやりたいと思います。

その際は、FXブロードネットを使おうと思います。

私のメイン講座はヒロセ通商なのですが、

できれば、1pipsトレーニング用口座とトラップトレード口座は別にしたいので・・・





さらなるFX情報はこちらで!
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へsisa.gif




aiのオススメ口座! ヒロセ通商
FX取引ならヒロセ通商へ
aiのメイン口座です。
魅力は、なんといっても1,000通貨単位から取引できることですね。
また、独自のキャンペーンを行っていることも忘れてはなりません!
餃子やチャーハン、ワッフル、カレーなどの食べ物のほかに、
カレンダーや一ドル記念硬貨、運がよければ空気清浄機までもらえるかも。
さらに、今なら10,000円キャッシュバックキャンペーンもあります!
この記事へのコメント
私も以前はスキャをしていましたが、年を取ってから気力が持たないようになりました^^;
Posted by WIN at 2010年01月26日 12:26
若いうちに稼いでおきたいですね。
Posted by masaru at 2010年01月26日 15:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139382766

この記事へのトラックバック