オススメ記事



2009年03月12日

相場の達人になる【弐】〜高値・安値の見分け方〜<理論編>

ぱったりと止まっていた、一目均衡表の解説を再開したいと思います!

前回は、波動論についてだったので、

前記事1:相場の達人になる【零】
前記事2:相場の達人になる【壱】
前記事3:相場の達人になる【壱´】

今回は値幅観測論について説明したいと思います。

値幅観測論なんていう難しい言葉使っちゃってますが、

要するに、今までの動きから今後の動きを予測する方法のことです。

その予測の基本になっているのがN波動です。

N波動の3波動目がどのくらい上げる、もしくは下げるのかというのを予測します。

それでは今からその具体的な方法の解説に移ります。

予測方法は3種類あり、@V計算式、AN計算式、BE計算式です。

@V計算式とは、戻りの倍上げるという予測に基づいて計算する方法です。

V計算.bmp

例えば、上の図をドル円のチャートとします。

B点を100円、C点を98円とすると、最終的には102円まで上がると予測できます。


AN計算式とは、AからBへの上げと同じくらいCから上げるという考えの元、計算します。

N計算.bmp

先ほどのように、ドル円で考えて、A点を97円、B点を100円、C点を99円とします。

その場合、最終的には102円まで上げると予測できます。


BE計算式とは、最終到達点が、AからBへの上げの2倍に相当するところにあると予測するものです。

E計算.bmp

A点を98円、B点を100円、C点を98.5円とすると、最終的には102円まで上げると予測できます。


NT計算式などというものもあるのですが、ほとんどでないらしいので、今回は割愛します。

計算式はシンプルですが、一目山人いわく、現実の高値、安値の現れ方のほとんどは、

このV,N,E計算値のどれかに該当するらしいです。

にほんブログ村 為替ブログへ←気に入っていただけましたら応援ポチお願いします><

banner2.gif←よろしければこちらも応援お願いします^^


posted by ai at 14:50| Comment(20) | TrackBack(0) | 一目均衡表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ!
めちゃめちゃためになりそう!
φ(。。;)メモメモ
これ使うと、高値、安値が予測できちゃうんですね。

応援ポチ♪
Posted by beebee at 2009年03月12日 19:18
あとは時間軸と相対させていくことが出来たら完璧ですね。

応援ぽち!
Posted by だいぱぱ at 2009年03月12日 19:26
チャートパターンなんかの、目標値もこいうのが、元になっているんだと思います。
目標値が計算できれば、損切りや利食いのタイミングもわかりますよね。
応援ぽち5です!
Posted by ボム☆ at 2009年03月12日 20:02
だって、取引会社で経理部にいた期間がありますから!

aiさんはとても理論派だ!

5つ全部ポチです!!

Posted by カタラン at 2009年03月12日 20:31
こんばんは
返事遅れてすいません(≧≦)

体調悪くて死んでました><
少しブログお休みしようかと思ってます。
早ければ1週間くらいで再開できるると思いますので、またそのときはよろしくお願いしますm(._.)m
Posted by 1ドル at 2009年03月12日 22:06
 aiさん

 返信遅くなってすみません。。。

 応援に来ましたら、メッチャために、なってびっくりです!!!

 本当は、7つ位ポチしたいところですが、謙虚に、5つにしておきます♪♪
Posted by 友哉 at 2009年03月12日 22:18
aiさん、こんばんは^^

高値、安値が予想出来れば利食いに活用できますね〜

ぽちっとな♪
Posted by 魚屋 at 2009年03月12日 22:40
aiちゃんこんばんわ。本業忙しくて大変でした。 ちなみに明日より少しやりかたかえていきます のと 10万から開始します。あいかわらずの応援よろしくね!
応援ポチッ
Posted by カミ at 2009年03月12日 22:54
この理論すばらしいですね!!

保有ポジが決済されたら、実際に実験の対象とさせていただきます!
ポチ!
Posted by syou at 2009年03月12日 23:07
本当に相場ってこんなに単純?
って思っちゃいますね。

一度その理論に基づいて、チャートとにらめっこしてみます。

本当だったら、とても勝率上がりますね。

5ポチ
Posted by masa at 2009年03月12日 23:38
aiさん、こんばんは^^

それだけはっきりと予想出来るなら、
短期売買に有効活用出来そうです!

応援ぽち。
Posted by こーすけ at 2009年03月13日 00:41
あとでチャートを見返すと
わかるのですが、
リアルタイムでみていると
どうにも冷静になれない井出です。
がんばりましょう!
Posted by 井出浩一 at 2009年03月13日 01:05
うむ。俺には難し過ぎです 笑

ぽちっと。。
Posted by heavenSmile at 2009年03月13日 01:08
 応援ありがとうございました♪♪

 しつこちかもですが、日をまたぎましたので、ポチって、おきます♪♪

 理論もじっくりお勉強させて頂きます。
Posted by 友哉 at 2009年03月13日 01:47
aiさん、こんばんは。
高値、安値を想定する方法はいくつもありますが、
ある線を境に、同じ値幅動くという考え方は同じですよね。
短期にも長期にも有効だと思います。
このあたりをうまく活用して、リミット、ストップを設定できれば、
効率的なトレードができるんでしょうね。
Posted by しなもん at 2009年03月13日 01:50
いつも勉強熱心で頭が下がります!
応援全ポチ完了です!
Posted by 為替兎 at 2009年03月13日 08:20
もっともらしい理屈があると、それが本当の節目を作りますね。

人は理屈が欲しいんですね。

だから当てになる面も多いです。

出来高の多い価格帯の絡みもあるんですけど。

全ポチ
Posted by masaru at 2009年03月13日 09:41
「波動論」って懐かしい響きです

私は物理屋ですので勉強しましたよ

ポチ
Posted by isamu at 2009年03月13日 12:03
こんにちは、にしやんです。
とても勉強になりました。
一度デモで使ってみますね。
応援ポチ!
Posted by FX初心者のサラリーマンでも勝てる!脅威のFXシステムトレード講座 at 2009年03月13日 12:42
早いですが5ポチしてしまいました(^^)

Posted by カタラン at 2009年03月13日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック