オススメ記事



2009年02月27日

相場の達人になる【壱】

それでは今日から一目均衡表について解説をしていきたいと思います!

今まで、転換線、基準線、先行スパン、遅行スパンについては言及してきましたが、
実は、この考えだけでは一目均衡表を使いこなすことはできません。
一目均衡表というのは、波動論、値幅観測論、時間論を元に一目山人が生み出した指標で、
この3つを抜きにしては一目均衡表で利益を上げることは難しいといえます。

今回は、この中の波動論について説明したいと思います!

波動といいますと、なにやらとっつきにくい雰囲気をかもし出すのですが、
要するに、ある決まったチャートの形のことを言います。
具体的には、N波動、P波動、Y波動の3種類があります。

N波動.bmp

P波動.bmp

Y波動.bmp

3つの波動はこんな感じです^^

N波動を基本波動、P・Y波動を中間波動とも言います。
なぜこのような名前が付けられたかというと、P・Y波動は細分化すると、
N波動の集まりとみなすことができるからだと思います
まぁ、これは私の考えなんで違うかもしれませんが(笑)

ただ、単にこのN波動が出ればどうなるというものでもないです。
正確にはこの波動に、時間論、値幅観測論が絡んできます。
なので今日は、こういう形が出てきたら、今後の値幅の判断材料になる、
程度に思っておいてください(*´∀`)

あと、今回は時間論、値幅観測論については全く言及していませんが、
何か心に引っかかるものがあります。
残り二つのことを説明していないから波動について説明しきれていないのではなく、
もっと重要なことを見落としている気がしてならないです。
おそらく、原書に近いものから得た知識でないことと、私の知識のバックヤードが乏しいこと
が理由に挙げられるかと思います。
今後、わかったことがありましたらすぐに報告したいと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ←気に入っていただけましたら応援ポチお願いします><

banner2.gif←よろしければこちらも応援お願いします^^




posted by ai at 00:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 一目均衡表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!!

なかなか難しい記事ですね。

読んでも理解することができません。

自分は相場の達人には程遠いようです(笑

しかし、応援はできます。ポチッ
Posted by まんじぃ at 2009年02月27日 00:58
>まんじぃさん

理解できないですか><
次はもっと噛み砕いて説明してみたいと思います(´vωv`*)。
Posted by ai at 2009年02月27日 01:08
aiさんこんばんは!

一目均衡表奥が深そうですね!!
すでにいっぱいいっぱいな感じです(笑)
aiさんの所でしっかりと一目均衡表覚えなきゃっと^^

ぽちっと♪
Posted by ココパパ at 2009年02月27日 01:19
一目は兎が初めてきちんと使い出した
チャートなんで思い入れがあります。
参考になります。
応援ポチして帰ります。
お体に気をつけて
頑張って下さい。
Posted by 為替兎 at 2009年02月27日 02:56
万能な理論はないので補完して使わないといけませんね。

全ポチ
Posted by masaru at 2009年02月27日 12:16
>ココパパさん

完全にテクニカルしか使わないという人じゃなくても、相場を把握するには覚えておいてもいいんじゃないかと思います。
Posted by ai at 2009年02月27日 18:06
>為替兎さん

思い入れがあるんですね〜^^
俄然気合が入りました〜(*´∀`)
がんばります。
Posted by ai at 2009年02月27日 19:30
>masaruさん

あと2つくらいフィルターがあると信頼感がグッと増しますね〜。
Posted by ai at 2009年02月27日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック